土地の売買価格が決まるのは

土地の売買価格は、それを売却する人には少しでも高く売りたい、購入する人にとっては1円でも安く買いたいと思うのが人情です。

 

そこで、その場所の一応の目安となってくるのは公示されている都道府県地価調査基準地価や、固定資産税評価額、公示地価、相続税路線価などがあります。

 

実際に土地の売買価格が決まるのは、最も一般的なのは不動産会社が価格を決めるのは多くの成約事例を基に相場を見ながら決めるのです。これで実績価格と比較して査定価格を提示していきます。

 

条件によってプラスになったり、マイナスになったりします。事例と査定対象地の条件や情報を詳しく勘案することで、できるだけ正確な査定価格を算出することができます。その条件のことを査定項目といいます。

 

それには、その土地が接している道幅や、土地の形状、道に接した部分の間口、隣接地の利用状況など、土地の基本情報以外の情報が土地の売買価格を決めていくのにとても重要な査定項目となるのです。

土地の一括査定サイト

 

イエウールの特徴

・全国900社以上の不動産業者と提携
・一括査定で料金を比較できる
・60秒で簡単見積り依頼が可能
・今売れば最高額がいくらか分かる

価格 一括査定見積り0円
評価 評価5
備考 不動産の価値が分かる!
 
 

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

イエイの特徴

・最大6社分の査定書を取り寄せ可能
・不動産を高く売りたい人に最適
・完全無料でサービスを利用できる

価格 一括査定見積り0円
評価 評価4
備考 多くの不動産屋と提携中なので期待できる
 
 

オウチーノの特徴

・全国500社の不動産業者が対応
・60秒で簡単入力ができて見積りを依頼
・キャンペーン情報は見逃せない内容

価格 一括査定見積り0円
評価 評価4
備考 完全無料で利用できる不動産査定サイト
 

不動産を売る際の土地価格調べ方

不動産を売る際には、その土地の価格を調べることが重要です。

 

土地は一物四価と呼ばれる、固定資産税評価額、路線価、公示地価、実勢価格の4つの価格がつけられていますが、このうち、売値の目安となるのが実勢価格です。

 

ですので、不動産を売る際に最低限知っておきたいのは実勢価格となります。

 

では、実勢価格はどのように調べればいいのかということですが、土地価格調べ方というようにインターネットで検索をすることで土地の価格を調べてくれる不動産業者や不動産鑑定士などを見つけることが出来るはずです。

 

ただ土地価格調べ方という検索ワードで出てきた不動産業者や不動産鑑定士に依頼をすると費用が掛かってしまう可能性もあります。

 

出来るだけ費用をかけずに土地の価格を調べたいというのであれば、同じ検索ワードで出てくる土地の一括査定サイトを活用するとよいでしょう。

 

こうしたサイトは無料で利用できることに加えて複数の業者から査定をしてもらうことが出来るので、最も高値で売ることが出来る業者を知ることも出来るのです。